• HOME
  • イオンクレジットサービス株式会社に対する過払い金請求

イオンクレジットサービス株式会社に対する過払い金請求

イオンクレジットサービス株式会社に対する過払い金請求

イオンクレジットサービス株式会社は、イオンフィナンシャルサービス株式会社の子会社であり、イオンフィナンシャルグループ株式会社が有するイオンクレジットサービス株式会社の議決権比率は100パーセント(間接議決権比率を含む)です(平成27年3月末日現在)。

現在のイオンクレジットサービス株式会社は、平成24年11月に設立されました。現在のイオンフィナンシャルサービス株式会社は、平成25年4月1日、イオンクレジットサービス株式会社からイオンフィナンシャルサービス株式会社に商号変更しました。

 
IMG_2462-thumb-250x166-83.jpgのサムネール画像

イオンクレジットサービス株式会社と金銭消費貸借取引をしており、その約定金利が利息制限法の金利を上回る場合には、過払い金が発生している可能性があります。

なお、立替払取引(ショッピング取引)については、通常、過払い金は生じないと考えられます。

当事務所では、イオンクレジットサービス株式会社に対する過払い金が発生している場合には、原則として、訴訟を提起しています。弁護士を代理人に選任すれば、簡易裁判所のみならず、地方裁判所の代理権もありますので、140万円を超える過払い金返還請求訴訟も提起できます。

イオンクレジットサービス株式会社の印象としては、訴訟を提起すれば、過払い金の元金は、おおむね返還に応じる姿勢を示しているという印象を持っています。

立替払取引があり、立替金債務が残っているときには、過払い金を請求した場合、イオンクレジットサービス株式会社は、通常、立替払債務と相殺を主張してきますので、注意が必要です。

もっとも、金銭消費貸借取引の途中、いったん完済し、約定の残高が0円の状態が続いた後、再度、金銭消費貸借取引を始めた場合、2個の取引であると主張してくるなど、過去の裁判例に照らし、過払い金が減額される可能性のある主張はしてくるという印象です。

イオンクレジットサービス株式会社に対する過払い金の返還請求をお考えの方は、弁護士に相談されてはいかがでしょうか。


(注)ここに記載したイオンクレジットサービス株式会社の過払い金請求に関する対応は、過去の当事務所の弁護士の過払い金請求の経験に基づく、平成27年7月時点での個人的な印象です。個別の事案の特性や、将来の状況の変化等により、今後、過払い金請求をした場合、イオンクレジットサービス株式会社の対応は、上記の記載と異なる可能性もあります。




人気.png
事務所紹介.png 弁護士紹介.png 解決事例.png 相談の流れ.png 弁護士費用.png
         

soudankai03.pngのサムネール画像

お気軽にご相談下さい!

HOME 弁護士紹介 事務所紹介 アクセス 弁護士費用

ImgTop2.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。債務整理のことならお任せ下さい。
※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。