• HOME
  • カテゴリを追加

ご質問

私は、卸売業を営む株式会社の代表取締役をしています。
 
私の経営する会社は、売り上げが減少し、ここ5年ほど、最終損益の赤字が続き、3年前から債務超過です。当社の債権者は、銀行が3行のほか、取引先が5社あります。
 
当社は、買掛金の支払いを遅滞しており、今月末に支払期日が到来する手形が5つあるのですが、支払の資金のめどがたたない状況です。
当社は、見るべき資産も乏しく、事業を継続することが困難であるため、破産申立てをする予定です。
私は、実際に、破産手続について、弁護士さんと相談をしています。
私は、知人の経営するA社に対する買掛金の支払いだけは、手元資金でしたいと思っています。
A社の支払の期日は、来月末です。
 
今月末の手形が不渡りになることが確実な状況で、かつ、当社が破産申し立てをする予定のなかで、支払期日がまだ到来していないA社に対する支払だけをすることは、できるのでしょうか。
 
 
 

弁護士の回答

破産法は、否認権の制度を規定しています。

A社に対してのみ買掛金を支払うことは、通常、否認の対象になると考えられます。

破産手続きを依頼する予定の弁護士さんとよく相談されてはいかがでしょうか。

 
 
 
寺部先生.pngのサムネール画像