ご質問

私は、会社員として働いていましたが、昨年、体調を崩し、退職しました。
私は、現在、通院治療中のため、働くことができません。

私は、結婚をしていましたが、5年前に離婚しました。
離婚した妻との間には、子供が一人います。私は、子供が成人するまで、養育費を支払っていました。私は、現在、独身で、一人で暮らしています。
私が勤務していた会社は、不況の時などに残業が少なくなり、残業が少なくなると、収入が減り、生活費が不足するときがありました。私は、生活費の不足を補うため、銀行のカードローンを申し込み、借り入れをしました。

私は、その後も、生活費が不足したときに、銀行のカードローンの借り入れを増やしたため、現在、銀行5行から、合計300万円の借り入れがあります。
私は、現在、働くことができず、銀行に対する支払を続けることができません。

私は、消費者金融会社や信販会社に対する借り入れはなく、銀行に対する借り入れしかありませんが、破産の申し立てをすることはできますか。

弁護士の回答

破産の申立てをするにあたっては、破産原因が必要とされています。
個人の方が自己破産の申立てをする場合、破産原因は、支払不能です。

支払不能とは、債務者が、支払能力を欠くために、その債務のうち弁済期にあるものにつき、一般的かつ継続的に弁済することができない状態をいいます。
寺部先生.pngのサムネール画像
債務者が支払を停止したときは、支払不能にあるものと推定されます。
上記の支払不能の定義にある「債務」には、銀行のカードローンも含むと考えられます。
なお、借り入れがある銀行に預金口座がある場合、弁護士に破産申立てを委任すると、通常、当該銀行にも受任通知を発送しますが、当該銀行は、通常、貸金債権と預金債務を相殺し、当該銀行の預金口座が使えなくなると考えられますので、注意が必要です。

銀行ローンと破産申立てについて、分からないことがありましたら、弁護士までご相談ください。

 

よくあるご質問はこちら

No
ご質問内容
1
 過払い金があるか否かは、どのようにすれば分かりますか?
2
 取引履歴を取り寄せたのですが、利息制限法に基づき、計算をするといくらになるのか、計算できません。計算をしていただけますか?
3
 6年前に消費者金融会社の借金を完済したのですが、過払い金の返還請求をすることができますか?
4
 15年前からずっと消費者金融会社と取引をしているのですが、3年前に金利を利息制限法の範囲内の金利に下げてもらっています。このような場合でも、過払い金の返還請求ができますか?
5
 特定調停という手続きで、借金を払わなくてよいことになりましたが、このような場合でも、過払い金を請求できますか?
6
 相談をしたうえで、依頼するかどうか決めたいのですが。
7  完済をした時期をよく覚えていません。この場合も過払い請求はできるのでしょうか。
8  3社のうち1社は、私がパートをしている小売り会社の関連会社であり、また、ETCカードも発行してもらっているので、この1社だけ除外して、2社に対する過払い金返還請求がしたいのですが、可能ですか。
9  管財事件転送郵便物
10  ショッピング残と過払い
11  年金受給と自己破産
12  自己破産をしたときには、生命保険契約を解約しなければならないでしょうか。
13  免責決定と保証人
14  自動車ローンと破産
15  破産申立前の弁済
16  多重債務、破産手続開始決定と給与差し押さえの手続
17  支払不能と債務額
18  一部の債権者のみの任意整理
19  過払い金返還請求訴訟と期日の出席
20  同時廃止の意味
21  任意整理と返済の遅滞
22  一部の取引の任意整理
23  自己破産と銀行取預金
24  自己破産と賃貸借契約
25  利息制限法の範囲内の取引と任意整理
26  任意整理と借金の原因
27  法人破産
28  完済時期を覚えていないときと過払い金返還請求
29  給与差押さえと破産手続き
30  最高裁判所判決から10年
31  資料を紛失した場合と過払い金
32  取引途中で金利が下がった場合と過払い金
33  途中で完済した場合と過払い請
34  支払停止後の弁済
35  破産手続きと相殺
36  免責不許可事由
37  非免責債権
38  過払い金の金額
39  債権回収会社からの訴訟と消滅時効
40  過払い金返還請求の手続き
41  過払い金返還請求と管轄
42  過払い金返還請求の金額と弁護士の代理権
43  破産手続と債務の額
44  過払い金返還請求と利息
45  破産手続きと滞納している税金
46  破産手続きと養育費
47  破産手続きと住民票、戸籍の記載
48  カード会社(信販会社)と任意整理
49  銀行のローンと破産申し立て
50  過払い金と破産申し立て
51  10年以上返済していない債権者からの請求
52  過払い金返還請求と相続
53  任意整理と弁護士費用の分割払い
54  カード会社から支払の督促を受けた場合の対応
55  会社の破産と特定の債権者に対する弁済
56  中小企業の倒産と従業員の給与
57  過払い金の金額と電話でのお問い合わせ
58  法人の破産手続きと予納金、弁護士費用の準備
59  過払い返還請求と取引をしていた者の死亡
60  ギャンブルと破産申し立て
61  カード会社(信販会社)からの最近の借り入れと任意整理
62  二度目の破産手続きと免責
63  訴訟を提起されたときと破産手続き(同時廃止の場合)
64  訴訟を提起されたときと破産手続き(破産管財人が選任される場合)
65  裁判所から支払督促(しはらいとくそく)が届いた場合の対応
66  利息制限法の範囲内の金利での借り入れと任意整理
67  破産すると家財道具はどうなってしまうのですか
68  破産をすると国民年金や厚生年金はもらえなくなってしまうのですか
69  資料がなくても過払い金の返金の請求はできるのですか
70  過払い金は、いつまで返還請求できるのですか?
71  家族に内緒で過払い金返還請求することはできるのですか?
72  破産すると住民票や戸籍に記載されるのですか?
73  破産すると銀行預金はできなくなるのですか?

soudankai03.pngのサムネール画像

お気軽にご相談下さい!

HOME 弁護士紹介 事務所紹介 アクセス 弁護士費用

ImgTop2.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。債務整理のことならお任せ下さい。
※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

相談のご予約はこちら

コンテンツメニュー

寺部法律事務所について

コンテンツメニュー

寺部法律事務所概要

地元豊橋の借金問題の相談は
寺部法律事務所(豊橋)へ
住所:愛知県豊橋 市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
TEL 0532-52-0991

事務所サイトバナー.PNG

ImgLS8-thumb-240x240-24.jpg

ImgLS9-thumb-240x240-25.jpg

ImgLS9-thumb-240x240-21.jpg

Google+