法人破産のよくある事例

小売業を営むB株式会社の代表取締役であるAさんが、事務所まで相談に来たのは、3月の15日のことでした。Aさんは、「今月末の手形を落とす資金がないんです。」と弁護士に話しました。Aさんは、決算書をもとに、現在の資産の状況、負債の状況を弁護士に説明しました。

 

B株式会社には、甲信用金庫の預金、甲信用金庫の出資証券、未収の売掛金、在庫商品、自動 車、本社の土地、建物、生命保険契約があり、負債としては、甲信用金庫に対する約3000万円の負債のほか、買掛金の未払いが5社で300万円ほどありま した。

寺部先生.pngのサムネール画像

近時の不況のため、売り上げが減少し、厳しい経営が続き、取引先の手形が不渡りになったため、今月末の手形資金のめどがたたなくなりました。

 

Aさんは、弁護士と相談のうえ、決算書、通帳、当座勘定帳、出資証券、売掛金の請求書、自動車検査証、土地建物の全部事項証明書、固定資産評価証明書、生命保険証券、信用金庫の返済予定表、買掛金の請求書などの資料のほか、在庫商品のリスト、債権者一覧表などを作成することとなりました。


Aさんは、弁護士と打ち合わせを重ね、支払い停止日を3月28日とすることとしました。
Aさんは、3月28日、弁護士に破産申し立てを委任しました。弁護士は、債権者に対し、受任通知を発送しました。Aさんは、弁護士に、会社印、手形帳、通帳、出資証券、自動車の鍵、本店の鍵などをあずけました。


弁護士は、4月1日、裁判所に破産の申し立てをしました。裁判所は、4月15日午前10時、破産手続開始決定をし、破産管財人を選任するとともに、債権者集会の期日を7月15日とすることを決定しました。Aさんは、弁護士とともに破産管財人の事務所を訪問し、破産に至る経緯や財産、負債の状況を説明しました。また、会社印などは全て破産管財人に引き継ぎました。


その後、破産管財人が配当手続をして、約9ヶ月後に破産手続が終了しました。

※この内容は、フィクションであり、実在の法人、個人とは直接関係はありません。

当サイト人気コンテンツベスト5 .png
 

法人破産についてもっとお知りになりたい方はこちら

法人破産について
法人破産の手続の特徴とポイント
法人破産のよくある事例



人気.png
事務所紹介.png 弁護士紹介.png 解決事例.png 相談の流れ.png 弁護士費用.png
         

soudankai03.pngのサムネール画像

お気軽にご相談下さい!

HOME 弁護士紹介 事務所紹介 アクセス 弁護士費用

ImgTop2.jpg

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。債務整理のことならお任せ下さい。
※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

相談のご予約はこちら
寺部法律事務所概要

地元豊橋の借金問題の相談は
寺部法律事務所(豊橋)へ
住所:愛知県豊橋 市駅前大通3丁目101-2 リバーサイドビル3階
TEL 0532-52-0991

事務所サイトバナー.PNG

ImgLS8-thumb-240x240-24.jpg

ImgLS9-thumb-240x240-25.jpg

ImgLS9-thumb-240x240-21.jpg

Google+